こすらないでとれるクレンジング計画を選ぶ

第最初に、「こすらないでメイクを洗い流す所作」がはなはだ不可欠です。

お肌のためにクリーミーなクレンジング剤を使っても、どうにもメイクが落ちず、こすって角質層を傷つけたのでは本末転倒。

なるたけこすらず、短時間でメイクが洗い流すことを念頭に、適したクレンジング剤と計画を選びましょう。

クレンジング剤を使い分ける

メイクが執念深い部分に合わせて選んだクレンジング剤でお面構え全体をクレンジングするのは、お肌にとって大きな難儀です。

「その部分のメイクを洗い流すのに不可欠最低な洗浄力」のものを、ゾーン毎に使い分けましょう。

例えばウォータープルーフの落ちにくいマスカラを減らすためには洗浄力の力強いクレンジング剤が必要となります。その際は、なるべく睫毛以外のゾーンに付着しないようにOFFすることが不可欠です。

綿棒やコットンを駆使して細く丁寧にまつ毛のみにクレンジングを押し付けたり、下瞳にコットンを置いたり、目のあたりにワセリンやクリーム、オイルを塗って保護するなど、激しいクレンジング剤で受け取る打撃を最小限に鎮めましょう。

乾燥が恐ろしい場合はクレンジング剤を使わない

大いに落ちにくいものでなければ、ファンデーションなどの基盤メイクは、石鹸だけで十分落ちます。

最近はお湯で落ちるマスカラが増えていますが、減らすときの刺激が小気味よい物を選べば、強いクレンジングが必要な光景は必ずしも安いハズです。

ふたたび記載しますが、乾燥肌の最大の原因は「こすりすぎ」と「シャンプーすぎ」。

しかし、丁寧に手厚くクレンジングしたり、うまく化粧品を選び、使い分けるため、メイクを売りつつ「脱・乾燥肌」を目差すことがOKです。こちらをクリック